会社経営




中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都

TOP
サイト内検索
公式プロフィール
スペシャルプロフィール
相互リンク募集中
中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都
経費削減の殿堂 スーパーコストダウンドットインフォ
法人税法・所得税法・会社法 税法令条文検索ソフト TAX Navigator
外国為替TTMレート・金利・株価 月末推移表
たんぽぽブログ エース会計事務所 公認会計士・税理士
 

第6段 税金の支払いはソンかトクか
 テーマ 会計を活用して節税する) 平成13年12月17日

●知識がないから脱税をしてしまう

 結論から先にいえば、税金は払ったほうがトクだ。ただし、徹底的な節税をしてから払うことが大前提となる。ここで大きな問題となるのは、ある程度儲かると、脱税をする経営者がいるということだ。脱税は結果的にはソンになる。その理由は2つある。

 第一に、「脱税=裏金」になり、裏のお金は使いづらい。土地など不動産は買えない。遊び代にしか使えない。表の金ならば正々堂々となんでも買える。第二は、脱税が見つかかったときの反動が大きい。脱税額、そっくりそのまま税金として追徴される。また1億円を超えると刑事告発される。1億円は巨額に見えるが、脱税した額が5年間追徴されるから、売上高の2,000万円を抜いていれば、それで1億円になってしまう。

●節税は悪なのか?

 国の税負担が重いから、徹底的に節税をしないと会社が成り立たなくなってしまう。実効税率が利益に対して、法人で40%、個人の場合が50%。利益に対して、それだけ払わなければいけないのは厳しい。節税は納税者の権利である。

 節税を徹底的にやるためには、当然、専門家の力を借りなければできない。脱税をする人は、専門家に頼まないで、自分の判断だけで行ってしまう。知識がない人は、節税をしない機会ロスがあり、結果的に一番ソンをする。

 企業存続のためには、節税に協力的、しっかり考えてくれる会計事務所を選択することだ。専門家には腕の差があるから、腕がよく、顧問料は安いところがいい。安くて、腕が悪いのは意味がない。

 たとえば、会社の決算を3つの会計事務所に頼むと、すべて違う納税額を出してくる。腕がいいのは、低い納税額を出すところだ。実際のところ、節税を徹底的にやるところのほうが少なく、節税を悪と思っているところも多い。お客さんの立場に立てば、徹底的に節税をしたほうがいいことは明らかだ。


 文責 山田 咲道 公認会計士・税理士
 中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都






 よろしければ、ぜひご購読をお申し込み下さい(Presented By まぐまぐ

 登録 メールアドレス: (携帯不可)
 解除 メールアドレス: (携帯不可)


Google
サイト内検索
Web http://www.jobtheory.com


〒104−0028
東京都中央区八重洲2丁目2番10号八重洲名古屋ビル4階(地図
TEL 03−3516−8941 FAX 03−3516−8945
E−Mail ace@jobtheory.com
URL http://www.jobtheory.com/

会社経営とは 戦う経営ブログ 社長の道!『仕事の徒然草』


前段へ 次段へ
TOP サイト内検索 テーマ別 日付順(No順) 最新号