会社経営




中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都

TOP
サイト内検索
公式プロフィール
スペシャルプロフィール
相互リンク募集中
中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都
経費削減の殿堂 スーパーコストダウンドットインフォ
法人税法・所得税法・会社法 税法令条文検索ソフト TAX Navigator
外国為替TTMレート・金利・株価 月末推移表
たんぽぽブログ エース会計事務所 公認会計士・税理士
 

第71段 事務所の選び方 その1 経済効率を知っておく
 テーマ バックオフィスを効率化する) 平成15年6月2日

●立地により経済効率が大きく異なる

 事務所は、場所がいいところに置くのが一番だ。東京だったら、電車の便が良く、駅から近くて立地のいいところ。地方は、車中心だから、中心だからいいというわけではなく、得意先や仕入先に近いことが絶対条件になる。司法書士事務所がもっともわかりやすく、登記所の前に事務所を構えるのがベストだ。会計事務所も税務署の前がいい。

 事務所の立地がいいか、悪いかは、マクロ経済的にいうと、経済効率が違う。私の事務所は、中央区八重洲という東京のど真ん中にあり、駅からも近いから、従業員がどこに行くにしても、効率がいい。交通費と時間というコストが安くなって、トータルのパフォーマンスが上がる。

 一方、千葉に事務所があったらどうだろう? お客さんが東京に多ければ、従業員の交通費だけを考えても膨大な支出となる。また採用できる人材の質も違う。千葉ならば周辺の人材しかとれないが、東京ならば関東近辺から人を集めることができる。

●来てもらえるような場所を選ぶ

 もう1つの観点としては、来てもらうのか、自分で行くのかも大きい。自分が1時間かけて行くのか、来てもらって相手に1時間を負担してもらうのか。当然、待っていて事務所で打ち合わせをしたほうが、ムダがない。立地が良ければ、お客さんに来てもらえる機会が増える。どちらで打ち合わせをするかという力関係が、事務所の立地で決まってしまうのだ。こうしたことが利益の源泉になる。

 逆に考えれば、立地の悪いところは家賃が安いかもしれないが、出かけることが多くなり、ロスの時間が増える。仮に徒歩2分の物件に比べて、徒歩10分で、家賃が5万円安くても、徒歩10分の物件を選ぶべきではない。5万円よりも、従業員が歩いている時間のほうが、よほど高くつく。


 文責 山田 咲道 公認会計士・税理士
 中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都






 よろしければ、ぜひご購読をお申し込み下さい(Presented By まぐまぐ

 登録 メールアドレス: (携帯不可)
 解除 メールアドレス: (携帯不可)


Google
サイト内検索
Web http://www.jobtheory.com


〒104−0028
東京都中央区八重洲2丁目2番10号八重洲名古屋ビル4階(地図
TEL 03−3516−8941 FAX 03−3516−8945
E−Mail ace@jobtheory.com
URL http://www.jobtheory.com/

会社経営とは 戦う経営ブログ 社長の道!『仕事の徒然草』


前段へ 次段へ
TOP サイト内検索 テーマ別 日付順(No順) 最新号