会社経営




記帳代行・経理代行・経理アウトソーシングのエース会計事務所

TOP
サイト内検索
公式プロフィール
スペシャルプロフィール
相互リンク募集中
中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都
経費削減の殿堂 スーパーコストダウンドットインフォ
法人税法・所得税法・会社法 税法令条文検索ソフト TAX Navigator
外国為替TTMレート・金利・株価 月末推移表
たんぽぽブログ エース会計事務所 公認会計士・税理士
 

第90段 きちんとした仕事をするための健康管理
 (
テーマ 己を鍛える) 平成15年10月13日

●健康診断は主体的に行うもの

 健康の根本理念は、「健全な精神は健全な肉体に宿り、健全な肉体は健全な魂が宿る」という相互効果である。つまり健全な肉体でなければ、きちんとした仕事はできないといえる。仕事をきちんとするためには健康も大切であり、そのための健康診断がある。

 健康診断の位置づけは、自分の体を知るために、きちんと検査をして悪いものは直し、予防するものは予防すること。そのための制度であり、義務だから健康診断を受けるというものではなく、主体的なものだ。

 話しは少し逸れるが、うちの事務所では、健康を冒してまで仕事をすることを「自爆仕事」と呼んでいる。毎日帰宅するのが遅いスタッフには、「最近遅いようだけど、疲れたときには休みをとってほしい。体を壊さない程度にして、自爆仕事は絶対にやめてね」といっている。

 それでも遅くまで仕事をしていると、そのうち出勤前に家で倒れてしまう。そして、電話がかかってきて「うちの娘が倒れました。なんで倒れるまで仕事を強要したのか」と攻められる。事務所としては、倒れる従業員がいると、仕事が中途半端になり、納期に合わせるためには、別な担当者をつけなければいけない。倒れるまで仕事をしても、そこからは何も生まれないし、残らない。いままでやってきたことが、全部ムダになり、信頼も失う。

●経営者も従業員も倒れたら、実りがない

「仕事をきちんとする=健康管理をきちんとする」ことであり、目の前の仕事をこなすために残業を続けて、体を壊したら無責任だ。体調が悪いときには休んだり、早退したり、仕事が自分の限界を超えているのであれば、相談するなど倒れる前にできることはたくさんある。

 私が倒れるまで仕事をしたら、人生そのものがなくなる。どんなことがあっても、健康状態を維持しなければいけない。従業員にしても、自分の健康をないがしろに考えて、体にムリをして倒れるまで仕事をやっても、実りがない。


 文責 山田 咲道 公認会計士・税理士
 中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都






 よろしければ、ぜひご購読をお申し込み下さい(Presented By まぐまぐ

 登録 メールアドレス: (携帯不可)
 解除 メールアドレス: (携帯不可)


Google
サイト内検索
Web http://www.jobtheory.com


〒104−0028
東京都中央区八重洲2丁目2番10号八重洲名古屋ビル4階(地図
TEL 03−3516−8941 FAX 03−3516−8945
E−Mail ace@jobtheory.com
URL http://www.jobtheory.com/

会社経営とは 戦う経営ブログ 社長の道!『仕事の徒然草』


前段へ 次段へ
TOP サイト内検索 テーマ別 日付順(No順) 最新号