会社経営




中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都

TOP
サイト内検索
公式プロフィール
スペシャルプロフィール
相互リンク募集中
中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都
経費削減の殿堂 スーパーコストダウンドットインフォ
法人税法・所得税法・会社法 税法令条文検索ソフト TAX Navigator
外国為替TTMレート・金利・株価 月末推移表
たんぽぽブログ エース会計事務所 公認会計士・税理士
 

第101段 当たり前のことを当たり前にやる
 (
テーマ 商売の王道を知る) 平成15年12月29日

●社会常識がしっかりできるか?

 商売で当たり前のこととは3つある。報告をすること、結果を出すこと、締め切りを守ることだ。「これをやってください」といわれたときに、「はい」というか、できなければ「できません。ごめんなさい」という。これができない人が多い。

 当たり前のことを当たり前にやるのが商売の根本で、一番大変なことだ。誰でもできたら、どの会社でも儲けられる。単純な例を出すと、友だちの結婚式に呼ばれても、忙しいから出ないという人。一生に一回しか呼ばれないのに、出なかったら論外だ。

 結婚式の招待状は、急に送られてこないから、あらかじめスケジュールに入れられる。こうしたスケジュールが調整できない人は、挨拶をしたり、約束を守ったりすることに重きをおいていない。そんな人は、営業ができないし、部下の指導ができないから、商売も儲けられない。

 社会常識を考えれば、挨拶をする、約束を守る、パーティなどに誘われたら参加するのほかに、友だちや上司、家族、年寄りを大切にする。身なりをきちんとする、敬語を使う。子どもをかわいがる、暴力は振るわない、女性を大切にする……。世の中の常識は、いっぱいある。しかし、あるべき常識がズレている人は少なくない。そういう人は、商売で当たり前の3つのことができない。

●「すみません」ではなく、「ありがとう」

 挨拶ひとつをとっても、日本人は「ありがとう」ではなく、「すみません」「ごめんなさい」という。「すいません」を多用しているわけだ。たとえば、「ハンカチが落ちましたよ」といったら、たいていの人が「あっ、すいません」になる。

「すいません」と「ありがとう」では、相手に与える印象が違うということを自覚していないから、みんなが使う「すみません」が出てしまう。挨拶ひとつをとっても、考えている人と考えない人では異なることがわかるはずだ。ひとつ1つのことを突き詰めて考えられる人とボーッと過ごしている人では、大きな差が出る。結局、物事をきちんと考えられる人が、儲けられる。

 開業通知や引越通知が届いたときには、どうするか? 引越通知が届くということは、「事務所が大きくなって、これからも一生懸命やっていくから、これからもよろしく」という意味がある。それを感じたら、「引っ越し、おめでとう。よくやっているな、がんばれよ」と伝える必要がある。

 たとえ花を贈らなくても、その本人に会ったときやメールで一言言うだけでも、相手の印象が違う。何か知らせが届いたら、お祝いの言葉や贈り物をするのは常識なのに、できない人のほうが多い。


 文責 山田 咲道 公認会計士・税理士
 中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都






 よろしければ、ぜひご購読をお申し込み下さい(Presented By まぐまぐ

 登録 メールアドレス: (携帯不可)
 解除 メールアドレス: (携帯不可)


Google
サイト内検索
Web http://www.jobtheory.com


〒104−0028
東京都中央区八重洲2丁目2番10号八重洲名古屋ビル4階(地図
TEL 03−3516−8941 FAX 03−3516−8945
E−Mail ace@jobtheory.com
URL http://www.jobtheory.com/

会社経営とは 戦う経営ブログ 社長の道!『仕事の徒然草』


前段へ 次段へ
TOP サイト内検索 テーマ別 日付順(No順) 最新号