会社経営




記帳代行・経理代行・経理アウトソーシングのエース会計事務所

TOP
サイト内検索
公式プロフィール
スペシャルプロフィール
相互リンク募集中
中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都
経費削減の殿堂 スーパーコストダウンドットインフォ
法人税法・所得税法・会社法 税法令条文検索ソフト TAX Navigator
外国為替TTMレート・金利・株価 月末推移表
たんぽぽブログ エース会計事務所 公認会計士・税理士
 

第133段 時流は、本社売却
 (
テーマ 大局から経営を考える) 平成16年8月9日

●銀行は決算書のどこを見るか

 決算書の中で、銀行が重視しているのはキャッシュフロー、自己資本、自己資本比率の3つ、そしてキャッシュフローに基づく借入金の返済余裕額。これを審査基準にして銀行が採点し、点数のいい会社に融資している。

 このなかで、キャッシュフローはキャッシュフロー計算書で開示することになるが、作成義務があるのは上場企業のみで、それ以外の企業は作成する必要がない。キャッシュフローは決算書からは判断できない。

 もっとも重視されているのは自己資本比率。日立製作所が本社ビルを2003年3月に売却、みずほコーポレート銀行も本店を2003年12月に売却したのは、自己資本比率を高めるためだ。生き残るために本社を売る。資産をどんどん売却する。それも倒産しそうな会社が資産を売るのではなくて、優良な会社がやっている。

●資産圧縮による借入金返済

 本社が50億円で売却できたとして、売却前と売却後を貸借対照表で説明しよう。資産(総資産)=負債(他人資本)+資本(自己資本)だから、自己資本比率=資本÷資産になる。

      本社売却前             本社売却後
 ┌―――――――――――┐  ┌―――――――――――┐
 │        │       │  │       │  負債   │
 │        │        │  │   資産  │  30億円  │
 │        │   負債  │   │  50億円  ――――――
 │   資産  │  80億円 │   │       │   資本   │
 │  100億円 │        │ → │       │  20億円  │
 │        │       │   └―――――――――――┘
 │        ――――――      自己資本比率は
 │        │  資本   │    20億円÷50億円=40%
 │        │ 20億円   │
 └―――――――――――┘ 本社を売却すると自己資本比率が上がる
    自己資本比率は
   20億円÷100億円=20%

 売却代金50億円は、借入金(負債)の返済に当たることができるから、負債が30億円に下がり、自己資本比率が上がる。自己資本比率が上がると、新たに借りる運転資金の調達レートも下がり、金利差で利益も出る。

 このことは、本社売却に限らず、在庫圧縮、株式等有価証券の売却によって借入金を返しても、同じことになる。

 さらに、1億円の利益が出れば、その分の資本(自己資本)が増えることになるので、資本は21億円になる。黒字→資本拡大→黒字→資本拡大……という良い循環を生み、黒字体質の会社にすることができる。


 文責 山田 咲道 公認会計士・税理士
 中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都






 よろしければ、ぜひご購読をお申し込み下さい(Presented By まぐまぐ

 登録 メールアドレス: (携帯不可)
 解除 メールアドレス: (携帯不可)


Google
サイト内検索
Web http://www.jobtheory.com


〒104−0028
東京都中央区八重洲2丁目2番10号八重洲名古屋ビル4階(地図
TEL 03−3516−8941 FAX 03−3516−8945
E−Mail ace@jobtheory.com
URL http://www.jobtheory.com/

会社経営とは 戦う経営ブログ 社長の道!『仕事の徒然草』


前段へ 次段へ
TOP サイト内検索 テーマ別 日付順(No順) 最新号