会社経営




中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都

TOP
サイト内検索
公式プロフィール
スペシャルプロフィール
相互リンク募集中
中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都
経費削減の殿堂 スーパーコストダウンドットインフォ
法人税法・所得税法・会社法 税法令条文検索ソフト TAX Navigator
外国為替TTMレート・金利・株価 月末推移表
たんぽぽブログ エース会計事務所 公認会計士・税理士
 

第151段 効率が良ければ、休んでも挽回できる
 テーマ 己を鍛える) 平成16年12月13日

●頭を使う仕事は、精神状態が与える影響が大きい

 一人前ではない20代のときには、上司からいわれて行う仕事が大半だ。仕事の時間が読めないから、必死でやる。体力もあり、徹夜をしても体にこたえない(若くても、徹夜すると効率は悪くなるが……)。

 20代は単純作業の積み上げをして基本を身につけていく。会社全体として見れば、単純作業は20代、仕事ができる従業員には複雑な仕事、要するに頭をつかわないとできない仕事を任せている。

 会社でもっとも複雑な仕事は、社長がやらなくてはならない。しかし、心身ともに疲れているときには、安定しているときの半分もできない。効率が悪いときには、半分以下に落ちる。

 精神面が与える影響は大きく、悩みごとがあるときには、仕事の効率が悪くなる。その最たるものが原稿書きであり、気が乗ればどんどん書けるが、乗らないときにはまったく進まない。誰もいない週末の静かな事務所で書いているにもかかわらず……。頭を、仕事ではなく違うことで使っている。

●効率が悪いときには、精神が疲れている

 社長は毎日、メールが1日50通、電話が30本ぐらいかかってきて、従業員それぞれから10分間ずつぐらい質問される。多くの人に「あーじゃない」「こーじゃない」といわれるのは、精神的ストレスになる。各自がそれぞれの立場で、いいたいことをいうわけだから、ストレスがどんどんたまっていく。

 その中で社長が平常心を保つこと。精神状態を平静の状態に保つのは難しい。

 仕事の効率が落ちたときには、精神が疲れている――。それを社長は自覚することが大事だ。ヘタに仕事をするよりも、悩みと正面から向き合い、どういう解決法がベストかを理論的に考える。

 自分なりに納得いくまで徹底して考えたあとは、散歩に行くなど気分転換を図り、翌日から効率のいい状態にもっていくのがベストだ。会社員であれば、考えないで先送りをしていれば済むが、社長は考えないと前進できない。

 社長の頭がスッキリして、精神が安定すれば、仕事の効率が良くなる。そうなれば挽回できるわけで、1日休んでも、大したことがない。休んでも、その分を効率でカバーできる。

 しっかり休んで、効率でカバーする。実際には、考えているほどうまくいかないが、そう考えていないと、休めない。休めない結果として、心身とも病むことになりやすい。


 文責 山田 咲道 公認会計士・税理士
 中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都


(一言)

 時間を作って、寝るの(-_-)zzz






 よろしければ、ぜひご購読をお申し込み下さい(Presented By まぐまぐ

 登録 メールアドレス: (携帯不可)
 解除 メールアドレス: (携帯不可)


Google
サイト内検索
Web http://www.jobtheory.com


〒104−0028
東京都中央区八重洲2丁目2番10号八重洲名古屋ビル4階(地図
TEL 03−3516−8941 FAX 03−3516−8945
E−Mail ace@jobtheory.com
URL http://www.jobtheory.com/

会社経営とは 戦う経営ブログ 社長の道!『仕事の徒然草』


前段へ
 次段へ
TOP サイト内検索 テーマ別 日付順(No順) 最新号