会社経営




中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都

TOP
サイト内検索
公式プロフィール
スペシャルプロフィール
相互リンク募集中
中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都
経費削減の殿堂 スーパーコストダウンドットインフォ
法人税法・所得税法・会社法 税法令条文検索ソフト TAX Navigator
外国為替TTMレート・金利・株価 月末推移表
たんぽぽブログ エース会計事務所 公認会計士・税理士
 

第173段 取締役は会社経営の責任を負う
 (
テーマ 大局から経営を考える) 平成17年5月16日

●儲かれば成功、儲からなければ失敗

 上場会社は所有と経営の分離が、一番進んでいる。日本では長い間、株式持ち合いが続いていたが、バブルの崩壊とともに解消された。大株主を中心に「物言う株主」が増え、株主総会で積極的に発言する動きが出ている。株主総会は会社の最高機関であるという本来の権限を取り戻し、社長や他の取締役の独善を許さない体制になっている。

 一方、所有と経営が一体である中小企業では、社長の暴走を抑える目的で取締役会があるが、その多くは走り出した社長を止めることができない。

 ところで取締役は、会社および第三者に対する責任を持つ。取締役になるということは経営の責任を負うということであり、儲からなければ、常に失敗だ。

●敗訴すると、取締役個人で賠償金を支払うことに

 経営に失敗すれば、任務懈怠(けだい)による責任を負う。株主は会社に代わって取締役などの経営責任を追及する「株主代表訴訟」で、取締役を訴えることができる。

 1993年の商法改正によって、訴訟費用が一律8200円と定額化して以来、株主代表訴訟が急増している。中小企業も、例外ではない。

 社長が毎日銀座のクラブで豪遊をしているのに、従業員の給与が遅配。従業員持株会やストックオプション制度などで、従業員が株式を持っていれば、従業員が株主代表訴訟を起こすこともある。それで敗訴したら、社長は、賠償金を支払わなければならない。

 社長が使い込みをして会社が破たん。社長だけではなく、他の取締役も会社に対して、背任罪の共犯とみなされる可能性がある。会社は、社長だけが、経営している訳ではないので、他の取締役も共同して責任を、問われることになる。


 文責 山田 咲道 公認会計士・税理士
 中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都


(一言)

 たまには、重役出勤したい。






 よろしければ、ぜひご購読をお申し込み下さい(Presented By まぐまぐ

 登録 メールアドレス: (携帯不可)
 解除 メールアドレス: (携帯不可)


Google
サイト内検索
Web http://www.jobtheory.com


〒104−0028
東京都中央区八重洲2丁目2番10号八重洲名古屋ビル4階(地図
TEL 03−3516−8941 FAX 03−3516−8945
E−Mail ace@jobtheory.com
URL http://www.jobtheory.com/

会社経営とは 戦う経営ブログ 社長の道!『仕事の徒然草』


前段へ 次段へ
TOP サイト内検索 テーマ別 日付順(No順) 最新号