会社経営




記帳代行・経理代行・経理アウトソーシングのエース会計事務所

TOP
サイト内検索
公式プロフィール
スペシャルプロフィール
相互リンク募集中
中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都
経費削減の殿堂 スーパーコストダウンドットインフォ
法人税法・所得税法・会社法 税法令条文検索ソフト TAX Navigator
外国為替TTMレート・金利・株価 月末推移表
たんぽぽブログ エース会計事務所 公認会計士・税理士
 

第205段 減損会計が与える影響
 テーマ 会計を活用して節税する) 平成17年12月26日

減損会計を免れる会社が多い

 減損会計の基準となるのは、今後20年間の営業キャッシュフローの合計額、または市場価格(売却したとき価格)のどちらか高いほうである。
次のような会社が、かなり多い。

            売却すると……  ▲9,000
               ↑ 
 店舗   取得価格  売却価格
(スーパー)  1億円  1,000万円  
               ↓
        20年間営業を続けると…… 2億円 ----->減損の必要なし

 固定資産の含み損は抱えているが、減損会計を免れている状態である。

●本業が赤字に転じると…

 例えばスーパーで、黒字のときには問題がないが、近隣に大型スーパーなどが進出。その影響で売上が落ち、赤字になると、三段パンチの損失を、食らうことになる。

 1.本業が赤字になると、営業キャッシュフローも赤字になる。
 2.赤字が続くと、減損会計を導入せざるをえない。
 3.赤字がさらにひどくなると、税効果会計の繰延税金資産が認められない。

 最悪破たんということにもなりかねない(「第121段 税効果会計の本質を知る2」参照)。国際会計基準は、決算書を真の企業の通信簿とするものであり、それだけ会計の与える影響が大きくなっている。


 文責 山田 咲道 公認会計士・税理士
 中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都


(一言)

 会計が、会社を潰す時代なんだよ。






 よろしければ、ぜひご購読をお申し込み下さい(Presented By まぐまぐ

 登録 メールアドレス: (携帯不可)
 解除 メールアドレス: (携帯不可)


Google
サイト内検索
Web http://www.jobtheory.com


〒104−0028
東京都中央区八重洲2丁目2番10号八重洲名古屋ビル4階(地図
TEL 03−3516−8941 FAX 03−3516−8945
E−Mail ace@jobtheory.com
URL http://www.jobtheory.com/

会社経営とは 戦う経営ブログ 社長の道!『仕事の徒然草』


前段へ 次段へ
TOP サイト内検索 テーマ別 日付順(No順) 最新号