会社経営




中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都

TOP
サイト内検索
公式プロフィール
スペシャルプロフィール
相互リンク募集中
中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都
経費削減の殿堂 スーパーコストダウンドットインフォ
法人税法・所得税法・会社法 税法令条文検索ソフト TAX Navigator
外国為替TTMレート・金利・株価 月末推移表
たんぽぽブログ エース会計事務所 公認会計士・税理士
 

第231段 見積もりの基本的な考え方
 (
テーマ 商売の王道を知る) 平成18年6月26日

●たかが1円、されど1円

 商売をするのに、100円の商品を90円で値切られるよりも、95円のほうがいい。お客さんの財布を考えながら、1円でも上がる可能性があれば、交渉して96円にする。たかが1円だとしても、1万個売るのであれば、利益で1万円の差となる。60円で売るのは論外である。

 90円か95円か、それとも96円なのか――。見積もりを出すときには、お客さんの懐具合をメールや会話から推測する。原価計算をして、納期と組み合わせて考えなければならない。懐具合、原価、納期の組み合わせで見積額は決まる。

●断れるように営業力をつける

 お客さんは、工数や時間では考えない。「だいたいこういう仕事です」と伝える。「このくらいの予算を考えている」まではいわないから、勘を養い、相手の懐を読むしかない。そして、お客さんが95円で考えているようなら、95円で確定することを読む。決して90円の見積もりは出してはいけない。

 考えてみれば、見積もりが利益の源泉となるのは、当たり前である。そのせいか、経営の本にも書かれていないし、誰も教えてくれない。見積もり力を磨かないで、値段で訴求したら、儲からないうえ、残業体質の会社となる。

 見積もり力を強くするには、まずは営業力をつける必要がある。営業力が弱いと、利益が出ない仕事でも請けざるをえない。お客さんが来ても儲からないという悪循環になる。

 赤字の仕事は断ることができるように、新規を開拓していく。「断られてもいい」という余裕がないと、見積もりを出すときに強気になれない。

 売上を立てるのは営業力、利益を出すのは見積もり力にかかっている。最初の交渉からスケジュール管理を経て、はじめて利益が出せる。なお、お客さんと従業員は比例して増えないから、まずお客さんを増やして、従業員を増やしていく。


 文責 山田 咲道 公認会計士・税理士
 中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都


(一言)

 人生の見積も、して下さい。






 よろしければ、ぜひご購読をお申し込み下さい(Presented By まぐまぐ

 登録 メールアドレス: (携帯不可)
 解除 メールアドレス: (携帯不可)


Google
サイト内検索
Web http://www.jobtheory.com


〒104−0028
東京都中央区八重洲2丁目2番10号八重洲名古屋ビル4階(地図
TEL 03−3516−8941 FAX 03−3516−8945
E−Mail ace@jobtheory.com
URL http://www.jobtheory.com/

会社経営とは 戦う経営ブログ 社長の道!『仕事の徒然草』


前段へ 次段へ
TOP サイト内検索 テーマ別 日付順(No順) 最新号