会社経営




記帳代行・経理代行・経理アウトソーシングのエース会計事務所

TOP
サイト内検索
公式プロフィール
スペシャルプロフィール
相互リンク募集中
中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都
経費削減の殿堂 スーパーコストダウンドットインフォ
法人税法・所得税法・会社法 税法令条文検索ソフト TAX Navigator
外国為替TTMレート・金利・株価 月末推移表
たんぽぽブログ エース会計事務所 公認会計士・税理士
 

第265段 失敗する事業継承の事例
 (
テーマ 大局から経営を考える) 平成19年2月19日

後継者指名したあとが問題

 会社を存続させるには、いかに有能なトップに引き継ぐことができるかにかかっている。現実的には難しく、9割以上の会社が失敗している。よくあるケースをご紹介しよう。

 生え抜きの常務を後継者指名して、65歳で会長になった。大抜擢された50歳の社長は、中期計画をつくり、それに沿った組織の再編成やコスト削減、従業員のやる気を引き出す人事施策を柱に、意気揚々と取り組んだ――。そこで社長の出鼻をくじくのが会長だ。会長は自分のやり方で後見してほしいという思いが強いため、社長を全否定するのである。

社長を追い出し、会長だけが残る

 コスト削減をするために、社長がIT化を積極的に行うと、「お礼はメールではなく、必ず手紙で送るように」と会長が細かいことに口をはさむ。会長と社長とは多くの場合、10〜20歳ぐらい違う。

 時代とともにやり方や考え方、感性が違うのは当たり前であり、ましてや別の人間だ。社長が変われば、お客さんも変わってくる。会長の時代に一番のお客さんの売上が6掛け、7掛けに下がると、「どうなっているんだ」と怒鳴る。

 会長は事業が存続できるように社長を一生懸命、教育しているつもりでも、「後継者いじめ」を行う。最終的には、嫌気が差した社長と会長が対立して、「オレの会社をむちゃくちゃにしやがって……」と会長が社長を全従業員がいる前で解雇。追い出してしまう。

 従業員がついていくのは、仕事ができる社長だ。社長は自分の会社をつくり、従業員を採用する。そして会長だけが残る。「オレがやれば、10年は持つ」と頑張っても、会長が認知症になったり、足腰が弱って歩けなくなったりした時点で、会社の寿命は尽きてしまう。


 文責 山田 咲道 公認会計士・税理士
 中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都


(一言)

 シャウトは、いけません。






 よろしければ、ぜひご購読をお申し込み下さい(Presented By まぐまぐ

 登録 メールアドレス: (携帯不可)
 解除 メールアドレス: (携帯不可)


Google
サイト内検索
Web http://www.jobtheory.com


〒104−0028
東京都中央区八重洲2丁目2番10号八重洲名古屋ビル4階(地図
TEL 03−3516−8941 FAX 03−3516−8945
E−Mail ace@jobtheory.com
URL http://www.jobtheory.com/

会社経営とは 戦う経営ブログ 社長の道!『仕事の徒然草』


前段へ 次段へ
TOP サイト内検索 テーマ別 日付順(No順) 最新号