会社経営




中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都

TOP
サイト内検索
公式プロフィール
スペシャルプロフィール
相互リンク募集中
中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都
経費削減の殿堂 スーパーコストダウンドットインフォ
法人税法・所得税法・会社法 税法令条文検索ソフト TAX Navigator
外国為替TTMレート・金利・株価 月末推移表
たんぽぽブログ エース会計事務所 公認会計士・税理士
 

第346段 働きざかりが流出したら、稼げなくなる
 (
テーマ 大局から経営を考える) 平成20年9月8日

●流出するリスクも大きい

 年功序列では、第345段で説明したように中途採用で優秀な人をとる障害になるだけではなく、募集要項を見た時点でその気を失う。優秀な人が来ない以前の問題で、最初から応募がないというのは大きな問題だ。新卒採用でも同じことがいえる。

 加えて、これまで育てた社員が退職し、流失するというリスクもある。ちょうど20代後半から30代前半の人たちは「就職氷河期世代」であり、希望した会社に入れなかった人たちが多い。2008年度の中途採用計画では、三菱重工ソニーキャノンなど製造業が伸びており、不足している専門技術者を中心に300〜500人採用する予定だ(2008年4月28日付け日本経済新聞)。

●従業員の意識の変化

 就職氷河期の世代は、高いハードルを乗り越えてきた分、仕事に対する意識も高い。バリバリ働いても給与が極めて低く、弾力性がないことに失望。帰属意識が希薄ということも転職に拍車をかける。この代表といえるのが、日本の金融機関から外資系に転職、活躍している人たちだろう。

 就職氷河期より上の世代が30歳前後のときには、50代半ばで新聞を読んだり、ネットサーフィンをしたりする人が自分の給料の2倍だとわかっても、「ずっとここにいれば、その立場になってラクできるんだ」と感じたものだが、彼らは「この会社だって、先々はわからないのに……」と哀れむ。

 実際に会社の寿命は短くなっている。優秀な人が採れなくて、育てた人たちが残せなかったら、会社は稼ぐことができず、衰退の一途をたどる。


 文責 山田 咲道 公認会計士・税理士
 中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都


(一言)

 三顧の礼を、尽くせますか。




 よろしければ、ぜひご購読をお申し込み下さい(Presented By まぐまぐ

 登録 メールアドレス: (携帯不可)
 解除 メールアドレス: (携帯不可)


Google
サイト内検索
Web http://www.jobtheory.com


〒104−0028
東京都中央区八重洲2丁目2番10号八重洲名古屋ビル4階(地図
TEL 03−3516−8941 FAX 03−3516−8945
E−Mail ace@jobtheory.com
URL http://www.jobtheory.com/

会社経営とは 戦う経営ブログ 社長の道!『仕事の徒然草』


前段へ 次段へ
TOP サイト内検索 テーマ別 日付順(No順) 最新号