会社経営




記帳代行・経理代行・経理アウトソーシングのエース会計事務所

TOP
サイト内検索
公式プロフィール
スペシャルプロフィール
相互リンク募集中
中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都
経費削減の殿堂 スーパーコストダウンドットインフォ
法人税法・所得税法・会社法 税法令条文検索ソフト TAX Navigator
外国為替TTMレート・金利・株価 月末推移表
たんぽぽブログ エース会計事務所 公認会計士・税理士
 

第388段 人は感じて動く動物である
 (
テーマ 仕事の理論を身につける) 平成21年6月29日

●労働効率は感情に比例する

 人間は気持ちによって、労働効率が大きく変わる。社長が「ふざけるな、バカヤロー」と喜怒哀楽を出していると従業員は萎縮し、同業他社では1人の仕事を3人、4人で行う体制になり、赤字体質になりやすい。逆にやる気を社長がうまく引き出せれば、従業員は3倍の力を発揮して3人の仕事を1人でこなすようになり、黒字体質にすることができる。

 人の行動をつかさどっているのは心であり、感情を無視できない。従業員の心を正の方向にもっていけば一生懸命に働いてもらえ、負の方向にいくと希望や情熱を失う。すべては社長の舵取りにかかっている。

●「お願い+励まし」を繰り返す

 それでは、社長はどのように従業員を仕切ればいいのだろうか。従業員の能力を100、潜在能力を50とすると、「これを○月×日までにどうしてもやれ」という「命令」では、70か80しか出せない。命令は自主的な判断を奪うからであり、潜在能力までの150の力を引き出すためには「お願い+励まし」を繰り返していくこと。社長の投入時間と忍耐力に比例して、徐々に達成感や仕事の喜びを得て、限界だと本人が思っている100を超えることができる。

 潜在能力を引き出すのは、簡単ではない。社長が信頼して場を与えても150という未知の世界に踏み出すときには、「自分にできるわけが、ない」「大きなミスをしたら、いままでの努力がムダになるかもしれない」「社長の期待を裏切るかもしれない」という諦めや恐れが出てきて行動を妨げるからだ。こうした煩悩を「きっとできる」という信念に変えるのは、励まし。150を超え、200、300にすることもできる。


 文責 山田 咲道 公認会計士・税理士
 中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都


(一言)

 報徳は、徳を認め生かす道である。




 よろしければ、ぜひご購読をお申し込み下さい(Presented By まぐまぐ

 登録 メールアドレス: (携帯不可)
 解除 メールアドレス: (携帯不可)


Google
サイト内検索
Web http://www.jobtheory.com


〒104−0028
東京都中央区八重洲2丁目2番10号八重洲名古屋ビル4階(地図
TEL 03−3516−8941 FAX 03−3516−8945
E−Mail ace@jobtheory.com
URL http://www.jobtheory.com/

会社経営とは 戦う経営ブログ 社長の道!『仕事の徒然草』


前段へ 次段へ
TOP サイト内検索 テーマ別 日付順(No順) 最新号