会社経営




記帳代行・経理代行・経理アウトソーシングのエース会計事務所

TOP
サイト内検索
公式プロフィール
スペシャルプロフィール
相互リンク募集中
中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都
経費削減の殿堂 スーパーコストダウンドットインフォ
法人税法・所得税法・会社法 税法令条文検索ソフト TAX Navigator
外国為替TTMレート・金利・株価 月末推移表
たんぽぽブログ エース会計事務所 公認会計士・税理士
 

第405段 理想的な雇用スタイルを考える
 テーマ 従業員をうまく仕切る 平成22年2月1日

●欧州の企業で定着したワークシェアリングだが…

 2008年秋から雇用情勢が悪化し、雇用維持策の一つとしてワークシェアリング(仕事の分かち合い)の議論が高まっている。ヨーロッパの企業で行われている時短勤務や昇給・賞与の支給停止により、雇用を維持する方法だ。しかし、これだと付加価値の高い人間のヤル気を失うことになりやすい。

 それよりも、第404段で触れたように人件費の割合を「給与3:賞与7」にしていれば、業績が悪くなっても、雇用は維持しやすく、また成果主義であれば、会社に価値を与えた人ほど給与が高くなり、ムダがない。

●優秀ならば正社員になれる

 年功序列では、価値を提供していない人たちがたくさんの給料をもらっていることに加えて、解雇しづらいという日本の労働契約上の問題があり、若者を正社員として採用できない理由になっている会社も多数ある。そのような状況下で一時的な労働力として、派遣社員や契約社員を受け入れた企業が多い。

 企業は厳しい生存競争にさらされている中、労働者の意識も変わらざるをえない。正社員と非正規社員も生存競争の一部と認識すべきだろう。優秀な派遣だったら、正社員にならないかと誘われているだろうし、契約社員を試用期間として使う企業も増えているから、問題がなければ正社員として採用されているはずだ。労使の甘えは今の時代、通用しなくなっている。


 文責 山田 咲道 公認会計士・税理士
 中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都


(一言)

 自由競争社会は、厳しい。




 よろしければ、ぜひご購読をお申し込み下さい(Presented By まぐまぐ

 登録 メールアドレス: (携帯不可)
 解除 メールアドレス: (携帯不可)


Google
サイト内検索
Web http://www.jobtheory.com


〒104−0028
東京都中央区八重洲2丁目2番10号八重洲名古屋ビル4階(地図
TEL 03−3516−8941 FAX 03−3516−8945
E−Mail ace@jobtheory.com
URL http://www.jobtheory.com/

会社経営とは 戦う経営ブログ 社長の道!『仕事の徒然草』


前段へ 次段へ
TOP サイト内検索 テーマ別 日付順(No順) 最新号