会社経営




記帳代行・経理代行・経理アウトソーシングのエース会計事務所

TOP
サイト内検索
公式プロフィール
スペシャルプロフィール
相互リンク募集中
中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都
経費削減の殿堂 スーパーコストダウンドットインフォ
法人税法・所得税法・会社法 税法令条文検索ソフト TAX Navigator
外国為替TTMレート・金利・株価 月末推移表
たんぽぽブログ エース会計事務所 公認会計士・税理士
 

第452段 結局、すべて人に任せるしかない
 テーマ 利は仕入れにあり) 平成24年1月16日

キーパーソンだけが優秀では意味がない

 会社によっては、社長がダメなのに、そのもとにいるキーパーソンができる人材、ということもある。そういう会社は組織として歪んでいる状態なので、会社とつきあうのではなく、担当者と個人的につきあっていく、というイメージになる。優秀なキーパーソンはたいがいその会社を辞め、仕事ごと他社に移動することになるため、そうなるとその会社とのつきあいはなくなる。

 たとえば、最近は多くの会社でネットワーク環境が整っているが、社長が年寄りでパソコンやメールを使えない、というケースがある。時代とともに仕事のやり方が変化しているのに、使いこなせていない会社は陳腐化し、他社と比べて当然グレードが落ちることになる。各担当者がいくらがんばっていても、つきあいにくい。

任せられる信頼関係を構築していく

 逆に、人のレベルがそこそこであっても、いい会社であれば、つきあいは続く。フレームワークがしっかりとした「いい会社」であるということが大きなポイントなのだ。ちゃんとした製品が安定供給されると保証されれば人はついてくる。

 たとえどんなにたいへんであっても、商品やサービスを通じて、お客さんを納得させられるような信頼関係を作っていかなければならない。いい会社といい人を探して、任し、任される関係を築く。価格をしっかり主張し、人を育てつつ、いいものを長期安定的に出していける会社にならなくてはいけない。

 仕入先を評価するということは、人の部分を見極めて、おつきあいを続けていくということだ。もちろん逆も真。こちらの人間性がダメなら、つきあってもらえないこともある。生き残りが厳しい時代、いい会社ほど人間性を重視するから、切磋琢磨して成長していく必要がある。


 文責 山田 咲道 公認会計士・税理士
 中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都






 よろしければ、ぜひご購読をお申し込み下さい(Presented By まぐまぐ

 登録 メールアドレス: (携帯不可)
 解除 メールアドレス: (携帯不可)


Google
サイト内検索
Web http://www.jobtheory.com


〒104−0028
東京都中央区八重洲2丁目2番10号八重洲名古屋ビル4階(地図
TEL 03−3516−8941 FAX 03−3516−8945
E−Mail ace@jobtheory.com
URL http://www.jobtheory.com/

会社経営とは 戦う経営ブログ 社長の道!『仕事の徒然草』


前段へ 次段へ
TOP サイト内検索 テーマ別 日付順(No順) 最新号