会社経営




記帳代行・経理代行・経理アウトソーシングのエース会計事務所

TOP
サイト内検索
公式プロフィール
スペシャルプロフィール
相互リンク募集中
中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都
経費削減の殿堂 スーパーコストダウンドットインフォ
法人税法・所得税法・会社法 税法令条文検索ソフト TAX Navigator
外国為替TTMレート・金利・株価 月末推移表
たんぽぽブログ エース会計事務所 公認会計士・税理士
 

第9段 うまい交際費の使い方
 (
テーマ 売れる営業になる) 平成14年2月4日

●飲食ではなく花を贈る

 いま一番の営業は、酒を飲みに行くことではなく、花を贈ることだ。接待で飲みにいくというのは、刹那的だ。酒を飲んだら忘れてしまうし、皆慣れているから、ありがたみがない。長持ちして、周囲も認めるものといえば、花が一番いい。

 私の事務所では、冠婚葬祭はもちろん、開所祝いに2〜3万円の胡蝶蘭やフラワーアレンジメントを贈っている。この金額だと、すごい花が届く。銀座で飲む1軒分だから、交際費と考えれば安く、花のコストパフォーマンスは半端ではない。

 接待費で3万円は使えるが、花に使える人はほとんどいない。だからこそケチってはいけない。1万円の花ではインパクトが全然ない。2万円以上でなければ意味がないと心にとどめておいて欲しい。

●花を贈る効果とは…

 まず、お礼の電話は必ず入る。出産祝いなど個人的なお祝いは自宅に贈ると、奥さんの印象に残る。花をもらってうれしくない女性はいない。「エース会計事務所は立派な花を贈ってくれた」ということになる。この印象が大きい。

 わざわざ電話をかけてくれたという行為も大きい。電話をかけたわけではない。すなわち、優位に立ったことになる。最近では、会社のオーナーや奥さんが個展を開くことが増えている。そういうときに、名前を入れたフラワーアレンジメントを贈る。

 日ごろ会社で接することのないオーナーや奥さんから、お礼の電話が入ることで、近づける。つまり双方の関係を強くすることができる。また、お客さんとのモチベーション維持のためにも、花を贈るのは効果的だ。

 ただし、花を贈ることのインパクトは大きいが、即効性はない。つまり、お客さんは増えるかどうかはわからないということだ。“貸し1”ぐらいにはなる。潜在的には訴えられるから、長期的にはいろいろな意味で効果はある。


 文責 山田 咲道 公認会計士・税理士
 中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都






 よろしければ、ぜひご購読をお申し込み下さい(Presented By まぐまぐ

 登録 メールアドレス: (携帯不可)
 解除 メールアドレス: (携帯不可)


Google
サイト内検索
Web http://www.jobtheory.com


〒104−0028
東京都中央区八重洲2丁目2番10号八重洲名古屋ビル4階(地図
TEL 03−3516−8941 FAX 03−3516−8945
E−Mail ace@jobtheory.com
URL http://www.jobtheory.com/

会社経営とは 戦う経営ブログ 社長の道!『仕事の徒然草』


前段へ 次段へ
TOP サイト内検索 テーマ別 日付順(No順) 最新号