会社経営




中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都

TOP
サイト内検索
公式プロフィール
スペシャルプロフィール
相互リンク募集中
中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都
経費削減の殿堂 スーパーコストダウンドットインフォ
法人税法・所得税法・会社法 税法令条文検索ソフト TAX Navigator
外国為替TTMレート・金利・株価 月末推移表
たんぽぽブログ エース会計事務所 公認会計士・税理士
 

第132段 決算書が融資の基準になった
 (
テーマ 大局から経営を考える) 平成16年8月2日

●融資基準は不動産から決算書に変わった

 銀行では、これまで不動産を担保として融資を行ってきた。土地が値上がりしつづけた時代は問題がなかったが、バブル崩壊後、土地が値下がり、融資先は累積赤字と深刻な問題となった。そして、返済が滞る→倒産→担保物件を売却→回収ということを繰り返してきた。

 メガバンクの2004年3月期決算では、三菱東京銀行が不良債権比率を2.9%と減らして、黒字転換。一方、不良債権処理が遅れているUFJりそなは赤字となった。

 不良債権処理に悩まされてきた銀行にとっては、返済が遅れて督促するだけでも、コストになる。不動産という担保があっても、成績表(決算書)が悪ければ、不良債権になることを学んだといえる。

●決算書を無視する経営者は生き残れない

 現在、銀行は企業の格付けを行い、融資を行っている。その審査基準となるのが決算書だ。このことはもともと当たり前なのに、長い間軽視され続けてきた。やっと正しい方向に向いてきたといえる。

「俺のことを信じろ」
「俺は田園調布に1,000坪の土地を持っているんだ」

といっても話にはならない。

 決算書が融資の審査基準になると、前期よりも利益が下がると金利が上がり、赤字になれば銀行から借入ができなくなる。決算書をないがしろにしている経営者は、銀行とつき合えない、つまり会社は生き残れない時代である。


 文責 山田 咲道 公認会計士・税理士
 中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都






 よろしければ、ぜひご購読をお申し込み下さい(Presented By まぐまぐ

 登録 メールアドレス: (携帯不可)
 解除 メールアドレス: (携帯不可)


Google
サイト内検索
Web http://www.jobtheory.com


〒104−0028
東京都中央区八重洲2丁目2番10号八重洲名古屋ビル4階(地図
TEL 03−3516−8941 FAX 03−3516−8945
E−Mail ace@jobtheory.com
URL http://www.jobtheory.com/

会社経営とは 戦う経営ブログ 社長の道!『仕事の徒然草』


前段へ 次段へ
TOP サイト内検索 テーマ別 日付順(No順) 最新号