会社経営




中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都

TOP
サイト内検索
公式プロフィール
スペシャルプロフィール
相互リンク募集中
中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都
経費削減の殿堂 スーパーコストダウンドットインフォ
法人税法・所得税法・会社法 税法令条文検索ソフト TAX Navigator
外国為替TTMレート・金利・株価 月末推移表
たんぽぽブログ エース会計事務所 公認会計士・税理士
 

第155段 儲かる会社12 儲かる会社は、音楽を活用している
 シリーズ 儲かる会社、儲からない会社) 平成17年1月10日

●音楽は働く環境を、明るく爽やかにする

 会社を設立して、従業員を数人雇ったときに、経営者には大きな期待がある。

 「明るい職場をつくりたい」
 「若々しい職場にしたい」
 「落ち着いて仕事ができるような環境づくりをしたい」

 などと、考える。

 しかし、どうすれば明るい職場になるのか、若々しくなるのかという具体論はない。それには、音楽を活用するのが、一番早い。

 「職場で音楽をかけるなんてとんでもない」という社長もいるが、従業員にとっては「BGMが流れているような事務所がうらやましい」。それほど音楽は身近なのだ。職場は1日の半分以上を過ごす場所。働く環境が明るく爽やかになったほうがいい。

●演歌を流していると、暗くなる

 音楽は精神に及ぼす影響が大きく、まず人をリラックスさせたり、寂しさやイライラ感を解消したりする。こうした効果を積極的に活用しているのが「音楽療法」であり、統合失調症や老人性痴ほうなどでは、クラッシックが主に使われている。

 次に行動を促進する効果もある。軍艦マーチがかかっていればパチンコ屋であり、「今日は出すぞ」という気持ちになるし、店舗では蛍の光が聞こえてくると、「早く買い物を済ませて帰らなければ……」と焦る。

 大企業は別として、中小企業や店舗では音楽やラジオをかけているところが結構ある。そのとき、音楽の与える影響を無視してはいけない。

 避けるべきなのは演歌だ。たまに普通の企業でも、社長の好みかわからないがかけていることがある。私の実家の八百屋でもかけている。演歌は、懐かしさ、心にしみる、落ち着くなどの効果はあるが、演歌=夜や酒であり、居酒屋のイメージだ。

 それも、いまどきの居酒屋ではなく、上司の説教や、同僚でグチをいい合うような昔っぽい居酒屋。演歌をかけていると、店舗も従業員もそういう雰囲気になってしまう。


 文責 山田 咲道 公認会計士・税理士
 中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都


(一言)

 悲しい時のRC、心に沁みるぜ。






 よろしければ、ぜひご購読をお申し込み下さい(Presented By まぐまぐ

 登録 メールアドレス: (携帯不可)
 解除 メールアドレス: (携帯不可)


Google
サイト内検索
Web http://www.jobtheory.com


〒104−0028
東京都中央区八重洲2丁目2番10号八重洲名古屋ビル4階(地図
TEL 03−3516−8941 FAX 03−3516−8945
E−Mail ace@jobtheory.com
URL http://www.jobtheory.com/

会社経営とは 戦う経営ブログ 社長の道!『仕事の徒然草』


前段へ 次段へ
TOP サイト内検索 テーマ別 日付順(No順) 最新号