会社経営




中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都

TOP
サイト内検索
公式プロフィール
スペシャルプロフィール
相互リンク募集中
中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都
経費削減の殿堂 スーパーコストダウンドットインフォ
法人税法・所得税法・会社法 税法令条文検索ソフト TAX Navigator
外国為替TTMレート・金利・株価 月末推移表
たんぽぽブログ エース会計事務所 公認会計士・税理士
 

第234段 見積額で折り合いがつけば契約
 (
テーマ 商売の王道を知る) 平成18年7月17日

●見積もり力が弱い人、強い人

 大きな仕事になると、見積書を提出後、最終的にはプレゼンテーションで決まる。自信がなく、汚い格好で髪の毛がボサボサの社長では、見積もり力が低い。値切られたり、「この人で大丈夫だろうか?」と不安になれば断られたりする。

 見積額(いい値)で発注してもらうためには、お客さんに「この人に任せたら安心だ」「この人は一流だ」「この人とつき合ったらトクをしそうだ」と感じさせること。そう感じてもらえるように、社長は外見や内面のつくり込みをしていかなければならない。見積もり力が利益の源泉なのだから、儲けるために社長が努力すべき要所である。

●必ず書面にして、口頭で説明する

 見積額で折り合いがつけば、契約である。その際、どういう内容で受けるかを書面とする。細かい内容については想定して書く。正式な契約書にしなくても、必ず文書にして、口頭で説明する。このようにしておけば、あとから「いった」「いわない」のトラブルを防ぐことができる。

 契約をする際に、お客さんや金額により、「前受けでないと、できません」といった与信も含めた交渉をしておけば万全だ。

 なお、仕事の途中で、追加の依頼や変更があるときには、必ず見積もりを出し、その都度、承諾を得ておくこと。金額を決めないで仕事をすると、最後に「込みにしてくれ」「サービスにしてくれ」と頼まれ、泣きを見ることになる。


 文責 山田 咲道 公認会計士・税理士
 中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都


(一言)

 事前の確認書面が、トラブルを防ぐ。






 よろしければ、ぜひご購読をお申し込み下さい(Presented By まぐまぐ

 登録 メールアドレス: (携帯不可)
 解除 メールアドレス: (携帯不可)


Google
サイト内検索
Web http://www.jobtheory.com


〒104−0028
東京都中央区八重洲2丁目2番10号八重洲名古屋ビル4階(地図
TEL 03−3516−8941 FAX 03−3516−8945
E−Mail ace@jobtheory.com
URL http://www.jobtheory.com/

会社経営とは 戦う経営ブログ 社長の道!『仕事の徒然草』


前段へ 次段へ
TOP サイト内検索 テーマ別 日付順(No順) 最新号