会社経営




記帳代行・経理代行・経理アウトソーシングのエース会計事務所

TOP
サイト内検索
公式プロフィール
スペシャルプロフィール
相互リンク募集中
中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都
経費削減の殿堂 スーパーコストダウンドットインフォ
法人税法・所得税法・会社法 税法令条文検索ソフト TAX Navigator
外国為替TTMレート・金利・株価 月末推移表
たんぽぽブログ エース会計事務所 公認会計士・税理士
 

第266段 事業継承は、自然発生的にはできない
 (
テーマ 大局から経営を考える) 平成19年2月26日

会社のためといいながら、エゴ剥き出しに

 第265段で説明したように、事業継承がうまくいかない最大の理由は、創業者が60代になって事業継承を考えることにある。個人差はあるが、たいていの人は老化により、頑固で融通がきかない、怒りっぽい、不寛容などになる。

 会社のためといいながら、エゴが強くなり、身勝手な言動が増える。象徴的なのが、時代が変わっているにもかかわらず、自分のやり方を押し付けること。次に、個性を認めないことの2点である。

後継者づくりは、10年以上要する

 息子が社長になった場合、会長の身勝手な言動をフォローしなければいけないうえ、肉親だから、離れられない。優秀な息子でも、社長業に専念できないため、二代目で会社は衰退するか、会社を離れて新たな会社を興し、会長に勘当されるかのいずれかである。

 事業継承は自然発生的にはできない。社長は会社を盛り上げるための仕事を行うと同時に、長い時間をかけて後継者をつくらなければならない。後継者をつくるためには、採用からスキル、キャリアプラン、モチベーションなど、さまざまなことを考慮しなければならない。人を育てるのは一朝一夕でできるものではなく、ましてや後継者となれば、10年以上は要する大仕事だ。遅くとも、50代で始めて欲しい。

 定年退職は65歳までに延長しようとしているが、60歳はやはり人生の節目であり、いくら寿命が伸びても、60歳以降は老化現象が現れやすい。頭が冴えている50代であれば、後継者に手取り足取り一から教えることができ、正しい判断をくだすことができる。


 文責 山田 咲道 公認会計士・税理士
 中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都


(一言)

 ローマは一日にして、成らず。






 よろしければ、ぜひご購読をお申し込み下さい(Presented By まぐまぐ

 登録 メールアドレス: (携帯不可)
 解除 メールアドレス: (携帯不可)


Google
サイト内検索
Web http://www.jobtheory.com


〒104−0028
東京都中央区八重洲2丁目2番10号八重洲名古屋ビル4階(地図
TEL 03−3516−8941 FAX 03−3516−8945
E−Mail ace@jobtheory.com
URL http://www.jobtheory.com/

会社経営とは 戦う経営ブログ 社長の道!『仕事の徒然草』


前段へ 次段へ
TOP サイト内検索 テーマ別 日付順(No順) 最新号