会社経営




記帳代行・経理代行・経理アウトソーシングのエース会計事務所

TOP
サイト内検索
公式プロフィール
スペシャルプロフィール
相互リンク募集中
中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都
経費削減の殿堂 スーパーコストダウンドットインフォ
法人税法・所得税法・会社法 税法令条文検索ソフト TAX Navigator
外国為替TTMレート・金利・株価 月末推移表
たんぽぽブログ エース会計事務所 公認会計士・税理士
 

第303段 不祥事が発覚したあとのマスコミ対応
 (
テーマ 売れる営業になる) 平成19年11月12日

記者会見を開いて社長が謝ること

 企業の存続を危うくしかねないのは、個人情報の漏えい、賞味期限の改ざんなど、不祥事が発覚したあとのマスコミ対応だ。新聞に報道されると、お客さんをはじめ関係者からクレームの電話が殺到する。取材に対し、広報が「社内調査中のため、コメントは差し控えさせていただきます」と語ると、企業イメージが悪くなり、さらにクレームが増加する。

 マスコミに出て話題となった時点で非がある。すぐに記者会見を開いて、社長が「お騒がせしてすみません」と頭を下げて謝る。その際、「取締役が……。私は知らなかった」と弁解しても、良いことはひとつもない。自ら関与したか否かにかかわらず、トップの責任問題となる。

 一方、記者会見をしないで沈黙していると、マスコミに叩かれる。華やかなキャリアを誇る社長だと、新聞から雑誌、テレビのニュース番組からワイドショーにいたるまで、社長個人の話題で持ち切りとなる。

素直に伝えること。クレーム隠しは最悪

 商売上、どこかでエラーが発生するのはよくある。その際、ウソをウソで固めるのは最悪だ。たとえば、ある基準を満たしていない製品が発覚したのであれば、その時点で社長が取引先に謝ること。

「うちの責任です。申しわけありません。損害賠償をしたら、会社が倒産します」と素直に伝えると、それまで努力した会社であれば、「わかりました。次から改善してください」と寛大に受け止めてもらえる。隠すのではなく、悪いことは早目に公開する。クレーム隠しをするような企業は、生き残ることはできない。


 文責 山田 咲道 公認会計士・税理士
 中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都


(一言)

 全ての責任は、社長にある。




 よろしければ、ぜひご購読をお申し込み下さい(Presented By まぐまぐ

 登録 メールアドレス: (携帯不可)
 解除 メールアドレス: (携帯不可)


Google
サイト内検索
Web http://www.jobtheory.com


〒104−0028
東京都中央区八重洲2丁目2番10号八重洲名古屋ビル4階(地図
TEL 03−3516−8941 FAX 03−3516−8945
E−Mail ace@jobtheory.com
URL http://www.jobtheory.com/

会社経営とは 戦う経営ブログ 社長の道!『仕事の徒然草』


前段へ 次段へ
TOP サイト内検索 テーマ別 日付順(No順) 最新号