会社経営




記帳代行・経理代行・経理アウトソーシングのエース会計事務所

TOP
サイト内検索
公式プロフィール
スペシャルプロフィール
相互リンク募集中
中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都
経費削減の殿堂 スーパーコストダウンドットインフォ
法人税法・所得税法・会社法 税法令条文検索ソフト TAX Navigator
外国為替TTMレート・金利・株価 月末推移表
たんぽぽブログ エース会計事務所 公認会計士・税理士
 

第302段 重いクレームと軽いクレーム
 (
テーマ 売れる営業になる) 平成19年11月5日

重大な失敗をしたときには誠心をもって謝罪する

 クレームには良質と悪質とともに、重いことと軽いことの2つもある。重いクレームとは、取引停止になるような失敗だ。重大な失敗に対しては、誠心をもって謝罪すること。前向きに迅速・的確に対応することによって、取引が続くこと、関係が強化されることもある。

 クレームをつけるということは、期待していることだ。期待していなければ、何もいわないで関係を切るはずである。指摘されたことを厳重に受け止めて改善すれば、自分の商品、サービスが向上する。最悪なのが、逃げて何もしないこと。自ら取引停止を望んでいるようなものである。

注意してもらえる人間になったほうが成長する

 軽いクレームは、取引停止によるような大きな失敗ではなく、小さなミスで、注意されたり、叱られたりすることである。よくあるのが、注意されたときには「申しわけありません」と謝るだけで、同じミスを繰り返し、何も変わらないことだ。そういう人は、相手が怒っているから、謝り、その場を取り繕うという発想が働く。

 だが、怒っているのではなく、きちんとした商品を安定的に供給してほしいため、仕事をスムーズに進めるために、注意している。何度も謝らなくても、改善していればいいわけだ。

 お客さんに応えることが商品・サービスの質を高めることになると理解して、いってもらえたことに感謝し、すぐ実行していかなければならない。教え甲斐のある人間、いってもらえる人間になったほうがいい。また謝らずに弁解ばかりでは、「いくらいっても理解できないんですね。もういいです」と最後には取引停止になる。


 文責 山田 咲道 公認会計士・税理士
 中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都


(一言)

 見捨てると、何も言わなくなる。




 よろしければ、ぜひご購読をお申し込み下さい(Presented By まぐまぐ

 登録 メールアドレス: (携帯不可)
 解除 メールアドレス: (携帯不可)


Google
サイト内検索
Web http://www.jobtheory.com


〒104−0028
東京都中央区八重洲2丁目2番10号八重洲名古屋ビル4階(地図
TEL 03−3516−8941 FAX 03−3516−8945
E−Mail ace@jobtheory.com
URL http://www.jobtheory.com/

会社経営とは 戦う経営ブログ 社長の道!『仕事の徒然草』


前段へ 次段へ
TOP サイト内検索 テーマ別 日付順(No順) 最新号