会社経営




中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都

TOP
サイト内検索
公式プロフィール
スペシャルプロフィール
相互リンク募集中
中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都
経費削減の殿堂 スーパーコストダウンドットインフォ
法人税法・所得税法・会社法 税法令条文検索ソフト TAX Navigator
外国為替TTMレート・金利・株価 月末推移表
たんぽぽブログ エース会計事務所 公認会計士・税理士
 

第307段 決算書の良し悪しが融資の金利が決める
 テーマ 会計を活用して節税する) 平成19年12月10日

●優良企業の金利は、1%以下もある

 現在は、銀行が決算書を評価する時代であり、融資の金利は決算書の良し悪しに比例している。都銀の金利は、優良企業だと1%以下もあるのに対し、決算書が悪い会社は4〜5%。1億円の借入金では年間400万円も違う。ひとり雇えるほど差がつく。

 それでは銀行では、どのようにして金利を決めるのだろうか。銀行ではシステムを使って、決算書をA、B、Cなどと評価する。売上高、純利益、利益率などで点数評価をするというわけだ。特に、評価が悪いのは、債務超過になっている決算書。

 債務超過とは資本がマイナス、資産が負債よりも多い状態になっていることで、こういう決算書になっている会社は少なくない。世の中の7割の法人が赤字であり、たとえば資本金が300万円の会社で、350万円の赤字を出したら、50万円の債務超過。赤字が続いていけば、債務超過がどんどん膨らんでいく。

●決算書を良くするのを、最優先すべき

 以前は税金対策として赤字決算にしても、金利には影響がなかった。銀行が担保主義をとっており、それまでの融資実績、会社の規模や人間関係も考慮していたからだ。そして、バブルのときに不正融資が続出。その後、俗人的な融資から脱するために、システムにより一律化。決算書で判断するようになった。

 時代が変わっているのだから、税金を払っても、決算書を良くしたほうがいいのは明らかだ。決算書が悪化すると、金利が高くなる。税金を払えば金利が安くなるのに、払わないから、それ以上金利が高くなる。税金を払わない会社は、銀行からも見放される時代になった。


 文責 山田 咲道 公認会計士・税理士
 中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都


(一言)

 時代は、どんどん変わっていく。




 よろしければ、ぜひご購読をお申し込み下さい(Presented By まぐまぐ

 登録 メールアドレス: (携帯不可)
 解除 メールアドレス: (携帯不可)


Google
サイト内検索
Web http://www.jobtheory.com


〒104−0028
東京都中央区八重洲2丁目2番10号八重洲名古屋ビル4階(地図
TEL 03−3516−8941 FAX 03−3516−8945
E−Mail ace@jobtheory.com
URL http://www.jobtheory.com/

会社経営とは 戦う経営ブログ 社長の道!『仕事の徒然草』


前段へ 次段へ
TOP サイト内検索 テーマ別 日付順(No順) 最新号