会社経営




記帳代行・経理代行・経理アウトソーシングのエース会計事務所

TOP
サイト内検索
公式プロフィール
スペシャルプロフィール
相互リンク募集中
中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都
経費削減の殿堂 スーパーコストダウンドットインフォ
法人税法・所得税法・会社法 税法令条文検索ソフト TAX Navigator
外国為替TTMレート・金利・株価 月末推移表
たんぽぽブログ エース会計事務所 公認会計士・税理士
 

第91段 営業の一歩は相手に関心を持つこと
 (
テーマ 売れる営業になる) 平成15年10月20日

●「商品を買ってください」だけでは営業はできない

 相手のことに関心を持ち、より理解するのは、人づき合いの基本である。しかし、お客さんのことを何も知らない、調べないで、客先に行く営業マンが多い。たとえば、「A会社のBと申します。今度御社の担当にならせていただきました。つきましては、ご挨拶に伺いたいのですが……」と電話がかかってくる。「Cさんの後任ね。では、いらっしゃい」となる。

 事務所に来て、名刺交換をしたあとに「ところで、御社は何の会社ですか?」と聞く営業マンが少なくない。エース会計事務所ならばわかるが、エースコンサルティングベンチャー税理士研究会もやっているので、そのDMなどを見て訪ねてくる営業マン、なかでも新卒の人はほとんどそうだ。彼らはお客さんに業種を聞くのを失礼だと思っていないのだ。

 業種だけではなく、客先のことを事前に調べれば、深い会話ができる。また客先の商売のことが理解できれば、より良い商品やサービスを提供できることにも通じる。いまの時代に「商品を買ってください」というのが営業だととらえていると、成績は上げることはできない。

●関心を持ち、理解しようとしないと会話が成り立たない

 創業間もないサービス会社の社長から電話が入って、困っているというので会った。私としては、これまでも、いろいろと応援しているのだが、見返りがない。

「社長、今後もアドバイスはしますけれど、何を返してくれますか?」
「うちの商品は、世の中を変えます」
「世の中を変えなくてもいいので、私に……」
「うちの商品で、世の中が変われば、先生もラッキーしますよ。」

 この社長は、私の真意をまったく理解しようとしないから、かみ合わない議論がくり返される。また大きな夢ばかりで、相手に理解してもらうためには、具体的に何をすればいいのかが見えていない。だから、売上が伸びない。

 こうしたことは、営業マンとお客さんとの間にも起こる。営業は売りたいものがあって、お客さんは買いたいものがある。お客さんの本音は、相手が売りたいものはどうでもいいのだ。だから、営業マンが一方的に話すだけで、会話が成り立たない。その反対に、お客さんの買いたいものを聞き出すことができれば、会話が進み、その人に合う商品をすすめることができる。


 文責 山田 咲道 公認会計士・税理士
 中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都






 よろしければ、ぜひご購読をお申し込み下さい(Presented By まぐまぐ

 登録 メールアドレス: (携帯不可)
 解除 メールアドレス: (携帯不可)


Google
サイト内検索
Web http://www.jobtheory.com


〒104−0028
東京都中央区八重洲2丁目2番10号八重洲名古屋ビル4階(地図
TEL 03−3516−8941 FAX 03−3516−8945
E−Mail ace@jobtheory.com
URL http://www.jobtheory.com/

会社経営とは 戦う経営ブログ 社長の道!『仕事の徒然草』


前段へ 次段へ
TOP サイト内検索 テーマ別 日付順(No順) 最新号