会社経営




中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都

TOP
サイト内検索
公式プロフィール
スペシャルプロフィール
相互リンク募集中
中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都
経費削減の殿堂 スーパーコストダウンドットインフォ
法人税法・所得税法・会社法 税法令条文検索ソフト TAX Navigator
外国為替TTMレート・金利・株価 月末推移表
たんぽぽブログ エース会計事務所 公認会計士・税理士
 

第142段 単純作業の積み上げをするとは
 テーマ 己を鍛える) 平成16年10月11日

●なぜ依頼されたのかを考えているか?

 第141段に引き続いて、今回もクイズからはじめよう。

Q3:社長がB社の社長と「ホームページの更新を代行する」ことで合意した。担当のあなたには「重要なことは、必ずB社の社長さんに確認して進めないといけない」と申し渡されていた。

 後日、B社の秘書Cさんとあなたが打ち合わせをしたとき、
「代行してもらう経費がもったいないから、私がやります」
 といわれた場合、どうするだろうか?

 A1.帰社して社長に「更新代行はしないことになりました」と報告する
 A2.「上から聞いていますので、私の一存では受けかねます。社長さんに連絡
    とってもらえますか? 連絡がとれなければ今日は帰ります」とCさんに伝える
 A3.「話が違いますので、弊社の社長に相談させてください。電話が通じなかった
    ら、今日は帰ります」といい、その場で社長に電話する

 事前に「重要なことは、必ずB社の社長さんに確認して進めないといけない」と申し渡されていたので、正しいのは2。2ができなければ3でもいい。最悪は1で、トップ同士が合意した事柄を担当レベルで勝手に変えることだ。

 なぜ、B社から依頼されたのかを考えないから、ズレた言動になる。B社の社長は秘書Cさんの仕事が忙しく、やってほしい仕事ができていないから、更新代行をすることに決めた。これ以外に依頼する理由はない。考えれば簡単だ。

 打ち合わせではCさんの話を聞いてもいいが、サービスを提供するのは、B社の社長であり、秘書のCさんではない。Cさんに同意するのは、道理に反している。

●基本を身につければ大きな仕事もできる

 前回(第141段)、今回の3つのクイズは、大した話ではない。いずれも、単純なことを単純に考えないという事例である。日々の実務は、単純作業の積み上げだ。20代のときに、どんどん積み上げて基本を身につけければ、20代後半で大きな仕事もできるようになる。

 逆に基本がわかっていないと、大規模な仕事は絶対にできない。勝手な解釈で進めたら、軌道修正に時間がかかり、担当を外されたり、二度と発注されないという結果になる。また日ごろの勉強を怠っていれば、調べるのに時間がかかかり、期日を守れないということになる。


 文責 山田 咲道 公認会計士・税理士
 中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都






 よろしければ、ぜひご購読をお申し込み下さい(Presented By まぐまぐ

 登録 メールアドレス: (携帯不可)
 解除 メールアドレス: (携帯不可)


Google
サイト内検索
Web http://www.jobtheory.com


〒104−0028
東京都中央区八重洲2丁目2番10号八重洲名古屋ビル4階(地図
TEL 03−3516−8941 FAX 03−3516−8945
E−Mail ace@jobtheory.com
URL http://www.jobtheory.com/

会社経営とは 戦う経営ブログ 社長の道!『仕事の徒然草』


前段へ 次段へ
TOP サイト内検索 テーマ別 日付順(No順) 最新号