会社経営




中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都

TOP
サイト内検索
公式プロフィール
スペシャルプロフィール
相互リンク募集中
中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都
経費削減の殿堂 スーパーコストダウンドットインフォ
法人税法・所得税法・会社法 税法令条文検索ソフト TAX Navigator
外国為替TTMレート・金利・株価 月末推移表
たんぽぽブログ エース会計事務所 公認会計士・税理士
 

第183段 売掛金の回収の体制を整える
 (
テーマ 売れる営業になる) 平成17年7月25日

●経理と営業をうまく連動させる

 滞留金が多い会社は、入ってくるお金が少ないため、滞留金のない会社の数倍働かなければならない。儲からないのに忙しく、従業員を疲労させることになる。こういう状態をつくっているのは、お客さんではなく、社長だ。

 社長は、売掛金の管理をきちんと行う仕組みをつくる必要がある。経理が、月末払いの会社であれば、翌月1日でお金が入ってきてなかったら、電話する。1週間後に再び電話をして、それで支払わなければ、営業担当者に伝え、商品・サービスの提供を停止。その後は経理がFAXなどで催促を続けるという組織づくりをする。

 もうひとつ重要なのは、書類をきちんとファイリングしておくこと。督促する際には、お客さんから「請求書が届いていない」、あるいは「納品書をもう一度送ってください」などと要求されることがある。その際、5分以内にFAXで送ったり、郵送することができないと、結局、回収が進まない。

 請求書の控えを、とっていない会社もあるが、請求書は2枚プリントアウトして、1枚は送付、1枚は控えにする。控えには入金された日を赤ペンで記しておく。

 当事務所では、エクセルでつくった売掛金の一覧表も担当者に渡している。得意先ごとに売上と回収を管理できるもので、支払いサイトと合わせて、これをチェックすれば、どの会社がどのくらい滞留しているかが一目でわかる。請求書の控えと、一覧表で管理していれば、漏れがなくなる。

●得意先の情報をつかんでおく

 さらに社長は、お客さんと戦略的に対応していく。万一のときに備えて、得意先の情報を知っておく必要がある。主要取引先は会社概要のパンフレットなどには載っている。

 もし、それがなければ、打ち合わせのときや接待をして、

「どういうところに、納めているんですか?」
「メインバンクは、どこですか?」
「融資はどこで受けているんですか。うちもお金を借りたいので、どこか紹介してくれませんか」

など、聞いておく。

 5万円や10万円のときに、つき合いを終わりにしていれば、ここまでの手間はいらない。すべて社長の見極め次第である。


 文責 山田 咲道 公認会計士・税理士
 中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都


(一言)

 接待は、仕事なんだよ。






 よろしければ、ぜひご購読をお申し込み下さい(Presented By まぐまぐ

 登録 メールアドレス: (携帯不可)
 解除 メールアドレス: (携帯不可)


Google
サイト内検索
Web http://www.jobtheory.com


〒104−0028
東京都中央区八重洲2丁目2番10号八重洲名古屋ビル4階(地図
TEL 03−3516−8941 FAX 03−3516−8945
E−Mail ace@jobtheory.com
URL http://www.jobtheory.com/

会社経営とは 戦う経営ブログ 社長の道!『仕事の徒然草』


前段へ 次段へ
TOP サイト内検索 テーマ別 日付順(No順) 最新号