会社経営




記帳代行・経理代行・経理アウトソーシングのエース会計事務所

TOP
サイト内検索
公式プロフィール
スペシャルプロフィール
相互リンク募集中
中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都
経費削減の殿堂 スーパーコストダウンドットインフォ
法人税法・所得税法・会社法 税法令条文検索ソフト TAX Navigator
外国為替TTMレート・金利・株価 月末推移表
たんぽぽブログ エース会計事務所 公認会計士・税理士
 

第204段 減損会計対策
 テーマ 会計を活用して節税する) 平成17年12月19日

●本社売却のメリットは大きい

 第133段で触れた「時流は、本社売却」は、減損会計の導入が影響している。本社の建物および土地の評価が下がっているため、保有していれば減損会計によるマイナス評価を受ける。

 売却すれば、税金が安くなる。第203段で説明したように、手にしたキャッシュで借入金を返済すれば、自己資本比率が上がるという効果もあり、本社売却をする会社が相次いでいる。保養所など福利厚生施設、利益を生まない事業所や店舗や工場も同じある。

 いまの時代は、土地を購入して放っておくのは論外だ。投資家などは、金融資産や遊休不動産など非営業資産ではなく、ブランドや信用、商品力など営業資産を重視するようになっている。

●SPC(特定目的会社)の活用

 決算書は企業の通信簿である。投資家が上場企業を見るとき、あるいは銀行が融資を行う際に中小企業を見るときの判断基準となるのは、決算書であり、経営者は良くするように努力しなければならない。

 本社が減損会計の適用対象になる多くの会社は、第三者に売却するのではなく、SPCを設立して、そこに本社を売却して、リースバックしている。SPCを利用する理由は、資本関係は緩いが、影響力が残せるため、都合がよいからである。

 SPCへの売却損は、税務上経費(損金)に認められるのも、魅力の一つである。銀行やリース会社などの積極的な売込で、今後ますます増えるだろう。


 文責 山田 咲道 公認会計士・税理士
 中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都


(一言)

 SPCの使い方、分かりましたか〜。






 よろしければ、ぜひご購読をお申し込み下さい(Presented By まぐまぐ

 登録 メールアドレス: (携帯不可)
 解除 メールアドレス: (携帯不可)


Google
サイト内検索
Web http://www.jobtheory.com


〒104−0028
東京都中央区八重洲2丁目2番10号八重洲名古屋ビル4階(地図
TEL 03−3516−8941 FAX 03−3516−8945
E−Mail ace@jobtheory.com
URL http://www.jobtheory.com/

会社経営とは 戦う経営ブログ 社長の道!『仕事の徒然草』


前段へ 次段へ
TOP サイト内検索 テーマ別 日付順(No順) 最新号